top of page

呼吸専門サロン ぶりーずぷりーず
利用規約

BP&CO.は、呼吸専門サロン ぶりーずぷりーず(以下、「当サロン」といいます。)にて提供するサービス(以下、「本サービス」といいます。)について、ご利用条件等を本利用規約にて定めます。

ご利用の前に本利用規約を必ずお読みください。お客様が本サービスにお申込みされた時点で、本利用規約にご同意いただいたものといたします。

 

 

1.当サロンについて

 

サロン名: 呼吸専門サロン ぶりーずぷりーず

 

運営事業者名:BP&CO.

 

代表者名:大貫崇

 

お問い合わせ先(メールアドレス): infobpandco@gmail.com

 

2.メニュー・料金・お支払方法・利用ルール等

 

メニュー・料金・お支払方法・注意点等の詳細は、当サロンのホームページ( https://www.bpand.co/breatheplease )またはご予約ページ( https://www.bpand.co/reservation )に記載します。

 

当サロンは、本規約の内容を補うため、ホームページに詳細を追記することがあります。

 

本サービスは、呼吸動作の改善を目的としており、治療を目的とした医療行為・治療行為は行っておりません。

 

本サービスは、医療行為・治療行為ではないため、医療保険及び医療費控除の対象とはなりません。

 

以下の項目に該当する方は、本サービスをご利用いただけません。

 

以下の項目に該当することを当サロンへ申告せずに本サービスを利用されたお客様に、負傷、疾病、体調不良その他の損害が生じた場合、当サロンでは一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

  1. 体調不良がある

  2. 体温が37.4度以上である、または平熱より0.5度以上高い

  3. 予防接種後24時間経過していない

  4. 飲酒している

  5. 7日以内に感染症と診断された

  6. 医師により下記の診断を受けた

・心臓病:心不全、不整脈、虚血性心疾患、心臓弁膜症など

・肺疾患:COPD、肺ガン、胸膜症、特発性肺線維症、肺炎、気胸など

・脳障害:脳血管障害・脳梗塞など

・血管病:動脈瘤、高度動脈硬化症など

・外傷:創傷部、骨折、脱臼直後など

・その他:骨粗鬆症など

    7.その他、医師による投薬・診療・治療などを受けており、本サービスの利用について医師の承諾がない

 

   8.怪我、炎症、治療等のためスタッフが触れてはいけない箇所がある方、その他、何らかの違和感または自覚症状がある方は、サービスご利用前に必ず当サロンへご申告ください。当サロンへ申告せずに本サービスを利用されたお客様に、負傷、疾病、体調不良その他の損害が生じた場合、当サロンでは一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

 <ご申告方法>

  1. ご予約時に、予約フォームのコメント欄にご記入ください

  2. 施術前にも、当サロンのスタッフへ口頭でお伝えください

 

当サロンは、お客様に以下の事由があると判断した場合、ご利用をお断りすることがあり、その理由については一切の開示義務を負わないものとします。

  1. ご利用のお申込みに際して虚偽の事項を記載した場合

  2. 本利用規約に違反したことがある場合

  3. その他、ご利用に支障があると当サロンが判断した場合

 

3.本サービスのお申込み方法

本サービスは、予約制です。

 

お申込みは、予約ページ( https://www.bpand.co/reservation )の予約カレンダーから行うことができます。

 

お申込みいただいた時点で、本規約に同意いただいたものといたします。

 

4.予約の変更またはキャンセル

 

予約の変更またはキャンセルは、予約ページ( https://www.bpand.co/reservation )右上から、予約時に登録いただいたアカウントにてログインしていただくことで、行えます。または、当サロンのメールアドレス( infobpandco@gmail.com )までご連絡ください。

 

ご予約日の当日キャンセルにつきましては、お支払料金の100%をキャンセル料としてお支払いいただきます。

 

ご予約日に、遅刻または早退された場合の、利用料金の返金または減額はいたしません。

 

当サロンに故意または重過失がない限り、利用料金の返金または減額はいたしません。

 

5.休業等

当サロンは、天災地変、悪天候、感染症、人的災害、交通状況の悪化、当サロン関係者の体調不良及び弔事など不測の事態によるサービスの休業等のため、お客様にご予約日時の変更をお願いする場合がございます。

 

前項の場合、お客様にキャンセル料は発生いたしません。

 

6.本利用規約の変更

 

当サロンは、当サロンの裁量により、本利用規約を変更することがあります。

 

本利用規約を変更する場合、変更後の本利用規約の施行時期及び内容をホームページまたは予約ページにて掲示その他の適切な方法により周知し、またはお客様に通知します。

 

ただし、法令上お客様の同意が必要となるような内容の変更の場合は、当サロン所定の方法でお客様の同意を得ます。

 

7.権利の帰属

 

当サロンのサービスを構成する一切の知的財産権は、全て当サロンに帰属します。お客様は、これらを当サロンの事前の承諾を得ることなく、転用し、第三者に提供し、または、自己もしくは第三者の営業のために利用することはできません。

 

 

8.禁止事項

 

当サロンは、以下の行為を禁止します。

 

  1. 法令または公序良俗に違反する行為

  2. 犯罪行為に関連する行為

  3. 当サロン及び関連事業者の施設、付随する器物、サーバーまたはネットワークの機能を破壊したり、妨害したりする行為

  4. 本サービスの運営を妨害するおそれのある行為

  5. 他のお客様に関する個人情報等を収集または蓄積する行為

  6. 他のお客様に成りすます行為

  7. 本サービスに関連して、反社会的勢力に対して直接または間接に利益を供与する行為

  8. 詐術、粗野な振舞い、合理的範囲を超える負担の要求、公序良俗に反する行為、暴力的行為または脅迫的言辞を用いる行為

  9. 本サービス利用権利を第三者に販売する行為

  10. 当サロンによる事前の承諾なく、サービス利用中に録音・録画を実施する行為

  11. その他、当サロンが不適切と判断する行為

 

9.損害賠償

 

当サロンは、お客様との間に契約が成立していない限り、お客様に対し、一切の損害賠償義務を負いません。

 

当サロンがお客様に対する損害賠償義務を負う場合、当サロンに故意または重過失がない限り、損害賠償額は、帰責事由の原因となった本サービスに関してお客様が支払済みの利用料金相当額(継続サービスの場合は1か月分の利用料金)を限度額とします。

また、賠償すべき損害の範囲は、お客様に現実かつ直接に生じた通常の損害に限るものとし、逸失利益を含む特別損害については、その予見可能性の有無を問わず、当サロンは賠償する責任を負わないものとします。

  1. 前項に定める損害賠償義務において、お客様が当サロンに対して損害賠償を請求できる期間は、帰責事由の原因となった本サービスに関してお客様が利用料を支払った日から1年以内とします。

10.免責事項

本サービスは、医療行為または治療行為ではないため、医療保険及び医療費控除の対象とはなりません。また、本サービスは、特定の医学的成果を保証するものではありません。

 

本サービス利用中または利用前後及びご自宅での実践中にお客様及び関係者様に生じた負傷・疾病、貴重品の紛失等の損害、お客様同士のトラブル等の紛争に関して、当サロンに故意または重過失がない限り、当サロンは一切の責任を負いません。

 

当サロンは、お客様に通知することなく、本サービスの内容を変更しまたは本サービスの提供を中止することができるものとし、これによってお客様に生じた損害について一切の責任を負いません。

 

利用規約またはその他の利用規約と一体をなす規定等が消費者契約法(平成12年法律第61号)第2条第3項の消費者契約に該当する場合には、利用規約及びその他の利用規約と一体をなす規定等のうち、当サロンの損害賠償責任を完全に免責する規定は適用されないものとします。

 

11.お客様からご提供いただいた情報の取扱い

 

当サロンは、お客様から個人情報を取得した場合、法令及び別途定める当サロンのプライバシーポリシーに基づき、適切に取扱います。

 

12.秘密保持

 

お客様と当サロンは、相手方の開示した非公知の情報について、相手方の事前の承諾がある場合を除き、秘密に取扱います。

 

13.分離可能性

 

本規約のいずれかの条項またはその一部が、消費者契約法その他の法令等により無効または執行不能と判断された場合であっても、本規約の残りの規定及び一部が無効または執行不能と判断された規定の残りの部分は、継続して完全に効力を有するものとします。

 

14.準拠法、合意管轄等

 

本利用規約の準拠法は日本法とし、本利用規約及び本サービスに関する一切の紛争について訴訟の必要が生じた場合、BP&CO.の所在地を管轄する地方裁判所または簡易裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。

 

本利用規約に起因または関連する法的措置については、その形態を問わず、いずれの当事者も当該訴因が発生してから1年を超えて提起することはできないものとします。

 

 

2024年6月7日制定

bottom of page