マスクをしていても口は閉じておいた方が良い3つの理由 1-3

*この記事は、BP&CO.大貫が所属する京都のトレーニングジム Improve KYOTOのオンラインコンテンツとしてコラムを書かせて頂いたものです。 www.improve-kyoto.com


Improve KYOTOの皆さん、こんにちは!コラム担当の大貫です。新型コロナウイルス感染拡大が心配される中、ご自身の免疫力を上げるために必須な鼻呼吸に関してお伝えしております。

前回はウイルスの感染を防ぎ、増殖を抑えるためには、室内は乾燥した状態で、気道の湿度をためにマスクをしながら鼻呼吸をすることが大切とお伝えしました。今回はさらに掘り下げて、あまり知られていない鼻呼吸の副産物、一酸化窒素についてお伝えしますね。




一昔前までは排気ガスなどに含まれる悪い物質というイメージでしたが、1992年には科学雑誌「Science」の分子オブ・ザ・イヤーにも選ばれているんです!

実は、鼻呼吸をしていると鼻腔や副鼻腔で生成される一酸化窒素を吸入することができます。一酸化窒素は近年再び注目されていて、免疫機能を助ける抗ウイルス・抗菌作用があるんです。新型コロナウイルスに直接作用するか、または間接的に症状を和らげることができるか、アメリカやイタリアでは臨床試験が始まっているようです。

https://www.gizmodo.jp/2020/04/scientists-are-testing-nitric-oxide-to-treat-coronavirus-patients.html

また一酸化窒素の効能は、免疫作用だけでなく、血管拡張作用(高血圧の人、注目ですよ!)や神経伝達調整機能など1)、体にとって良い働きも数多くあるんです。

鼻で息を吐いたり、ハミングをするとたくさん出る2)ということなので、外出自粛の気晴らしに、マスクをつけて散歩する際には、口を開けずハミングしながら鼻呼吸することをお勧めします!

鼻呼吸の大切さがわかったところで、次回からは「口呼吸がさらにダメな理由」、をお届けします!

参考文献

1) 赤池孝章, 一酸化窒素(NO) による感染防御と病態形成に関する研究, 日本細菌学雑誌, 2001, 56 巻, 3 号, p. 503-511,  https://doi.org/10.3412/jsb.56.503

2) Lundberg JO, Maniscalo M, Sofia M, Lundblad L, Weitzberg E. Humming, Nitric Oxide, and Paranasal Sinus Obstruction. JAMA. 2003;289(3):302–303. doi:10.1001/jama.289.3.302-b

0回の閲覧
  • Twitterの社会のアイコン
  • Instagram
  • Facebookの社会的なアイコン